春秋航空の国内線でお得に移動した経験

飛行機なのに1万円弱も浮く

春秋航空日本春秋旅行

格安高速バスよりも安い!急いで乗ると息切れが大変飛行機なのに1万円弱も浮く

飛行機は予定通り関空に到着し、荷物を受け取ってから快速電車に乗って大阪方面に向かいました。
ちなみに空港から大阪市内までの電車代が1,700円ほどかかったので、成田から関空までの飛行機のチケットの方が安かった計算です。
都内から大阪市内まで移動するのにトータルで支払った交通費は4,200円ほどだったので、チケットショップで13,800円の新幹線の切符を購入するよりも9,600円もお得でした。
空港までの往復に余分の時間がかかったり、空港で猛ダッシュしたので機内で酸欠になって苦しい思いをしましたが、1万円弱も安く移動ができたので良かったです。
ちなみに私が勤務する職場の出張旅費のシステムでは新幹線を利用する場合は領収書などを提出しなくても正規運賃が支給されますが、飛行機を利用する場合にはクレジットカードの支払い明細や搭乗券の半券を提出しなければなりません。
職場で旅費を請求する手続きが面倒なので、飛行機で移動する場合でも新幹線の切符代を請求することがあります。
この方法で飛行機を利用すると差額を自費で負担しなければならないケースが多いのですが、格安航空会社を利用すれば新幹線代よりも安上がりなので助かります。